FC2ブログ
───菊池誠、山本弘、長澤裕など、日本の「911陰謀論」批判者たちの言っていることは正しいか

『RikaTan』の記事⑤ 「融けた鉄」について その1

image004.jpg

「下に降りてみると、融けた鋼鉄が見えます。
融けた鋼鉄が溝のようになったところを流れ下っています。
鋳物工場とか、火山の溶岩のような…」
───グラウンド・ゼロで働いた消防士 Philip Ruvolo


引用


 今回は『RikaTan』2016年12月号の「911陰謀論」の批判記事「9.11 テロはアメリカ政府の自作自演?」から、著者・山本弘による「代表的な陰謀説」9項目のうち、④の「融けた鉄」の問題を取り上げる。
 当該の箇所を引用する。④と付いている上の文が「陰謀説」、その下の文が山本弘による反論である。

④公式説では、火災の熱でビルの鉄骨が融け、崩壊したことになっている。だが、これは嘘である。鉄の融点は1535度だが、ジェット燃料の燃える温度は1200度だから、鉄が融けるはずがない。

「火災の熱で鉄骨が融けた」と言っている専門家など一人もいない。ビルが崩れるのに、鉄が融点に達する必要はない。温度が上がると金属は柔らかくなる。鉄の場合、600度ぐらいで強度は半分になるのだ。


 ここは少々端折りすぎの感がある。より分かりやすく書かれている山本弘の著書『ニセ科学を10倍楽しむ本』から、「融けた鉄」に関する部分を引用しよう。(※)

パパ「(前略)たとえば、WTCがくずれ落ちたのは、大型旅客機が衝突したことによるダメージに加えて、ジェット燃料に火がついてはげしい火災が起きたためだ。何時間も続いた火災で、鉄が熱くなってやわらかくなったために、ビルの重みをささえられなくなったんだな。
 ところが陰謀論者はこう言っている。『鉄の融点(固体が溶けて液体になる温度)は1535度だ。ジェット燃料の燃える温度は1200度だから、鉄が溶けるはずがない』……。
 これはまったくデタラメな説だ。ビルがくずれるのに、鉄が融点に達する必要なんかない。温度が上がると金属はやわらかくなる。鉄の場合、500度ぐらいになったら、強度はがた落ちになって、変形しはじめるんだよ」

夕歩「だれか陰謀論者にそれを教えてあげないの?」

パパ「言ってるよ、何年も前から。でも陰謀論者はそれに耳を貸さない。そんな反論なんかなかったかのように、『鉄が溶けるはずがない』といい続けてるんだ。(後略)」(P300)


 つまり、『RikaTan』でもこういうことを言っているわけだ。

(※ちなみにこの引用部分は間違いだらけ。火災は「何時間」も続いていないし、崩壊仮説の説明も間違っているし、ジェット燃料の燃焼温度は最高で980度だし、火災は主にビル内の可燃物によるものだし、『RikaTan』の方で「600度ぐらいで強度は半分になる」と書いているように500度で鉄の強度は「がた落ち」にはならないだろうが、いちいち指摘していては話が進まないので、ここでは扱わない)


山本弘の勘違い


 では反論を始めよう。
 WTCビル崩壊に関する米政府の公式説明は、NISTという機関によるもので、火災によってビルの床を支える鉄骨が柔らかくなってたわみ、周囲の支柱を引き込むことで崩壊が始まったとするものである。一方、人為的爆破による制御解体説を唱えているのは、物理学者のスティーブン・ジョーンズだ。論文『本当はなぜWTCビルが完全に崩壊したのか?』で、「政府提供の報告書に異議を唱え、制御解体説を調査すべき13の理由」を挙げている。そのうち、「融けた鉄」の話はいの一番に挙げられている。「1. 融解した金属:流動的でプールを形成」である。
http://www17.plala.or.jp/d_spectator/sejones/jones2007j24_743_index.html

 非常に長文で詳細に書かれているが、内容を簡単にまとめれば、融けた鉄の写真・動画・証言などがあり、さらには公式に報告もされており(FEMA報告書)、融けた鉄が存在したと考えられるということである。そして「火災で鉄は融けないのに、融けた鉄があるのはおかしいね」ということである。
 …山本弘はこの論文を読んでいない(後述する)ため、これを「火災の熱でビルの鉄骨が融け崩壊した」と言っていると勘違いしているのである。彼は、自分の頭の中で作り上げた幽霊と戦っているだけなのだ。

 参考に、目撃証言や科学者による報告など。


山本弘はジョーンズの論文を読んでいない


 ジョーンズの論文は制御解体説そのものである。最も基本になる文献、スタートラインである。だが、山本弘はジョーンズ論文を読んでいないのだ。mixi でやりとりをした際の発言を引用しよう。

 デミさんによれば、スティーブン・E・ジョーンズはこういう発言をしているのだそうです。


 こう言って僕(デミ)の発言から孫引きする。どうしても読みたくないらしい。mixiではこの後も「融けた鉄」の話をしたが、やはり読もうとせず、僕がジョーンズ論文から大量の文章をコピペする様子が見て取れる(563・564・584)。
「読んでないから知らないよ」ということにしたいのだろう。何ともレベルの低い話である。まるで自分が目をつぶっていれば相手からも見えないと信じてかくれんぼをする、小さな子供のようだ。

 また以前の記事で書いたように、山本弘はデヴィッド・レイ・グリフィンの本を読んでいない。彼はジョーンズの論文も読まず、グリフィンの本も読まずに、「911陰謀論批判」をしているのである。

2017-11-30 : 『RikaTan』 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

「学んだら負け」の人
 おや、山本弘は Twitter ではこんなことを言っているぞ。

確かに、放射能の話だけじゃなく、「学んだら負け」の人ってよくいるよなあ。参考になるページにリンク張ってあげても、断じて読まない。「デマだと分かっているから読む必要はない」とか言って。
https://twitter.com/hirorin0015/status/935026088870215681
2017-12-02 07:15 : デミ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

著者

デミ

著者:デミ

 これまで主にmixiで911の議論をしてきましたが、この度ブログを開設しました。よろしくお願いします。

検索フォーム

カウンター

動画

WTC7の崩壊(0:09)

QRコード

QR